老人と介護士

介護職のフランチャイズ化をして高齢化問題を解決

介護専用の電算システム

介護

介護保険の請求方法の今後

介護保険制度では、利用者の自己負担分も1割など存在はしますが、残り9割などその大半は保険により賄われています。その保険請求のことを介護保険請求と呼ぶわけです。この介護保険請求を受け付ける先は、国民健康保険団体連合会いわゆる国保連が一括で受け付ける形をとっています。その後、保険者である地方自治体等に連絡をして調整を行う流れです。どの地域でも介護保険制度を利用する住民は多いため、電算システムをとらざるを得ません。このとき、かつては紙ベースでも受付をしていましたが、今後はほぼ電算システムでの請求が義務付けられていくことでしょう。請求を行う側も、また請求を受け付ける国保連側も、紙ベースでの処理は今後はほぼ不可能なことは分かりきっているからです。

請求システムの特徴

介護保険請求では独自の国保中央会介護伝送ソフトを使用します。介護保険の事業所認定を行政から受けた後に、このシステムの導入を行うように伝えられます。国保中央会介護伝送ソフトは独自システムであるため、利用をして慣れた方が後々楽にはなっていきます。紙ベースでの請求は、紙の印刷代等を考えるとコストがかかるばかりです。したがって、請求を行う事業所側には、今後このシステムの導入が必ず求められます。国保中央会介護伝送ソフトは独特のシステムであり、個人情報が満載であることから漏洩は許されません。したがって、当該国保中央会介護伝送ソフトは、セキュリティも万全の体制をとっています。請求を行う側も端末等においてセキュリティを万全にする義務が生じます。